未分類 黒にんにく

黒らっきょうで毎日元気に!疲れた体にGOOD

2018/06/22



 

黒酢、黒にんにくと体が元気になるのは黒がつく健康食品が多いような気がします。最近では、『黒らっきょう』というのが鳥取県で出ていました。黒らっきょが気になったので調べてみました。

黒らっきょうとは?

出展:JA鳥取 いなば

黒らっきょうは通常のらっきょうを長期間熟成して黒色になった黒らっきょうになります。黒くなることで、血液サラサラ成分のシクロアイリン含量が通常の約2倍もあり、ガンや習慣病予防が期待される『抗酸化力』が通常の生らっきょうの20倍も増加すると言われています。

黒らっきょうの味は?

黒らっきょうは栄養価があるのですが、らっきょうのイメージそのものが臭いとか味が美味しくないとか思われがちです。しかし、らっきょうその物に含まれる果糖が生成されて糖度が30度以上になってドライフルーツのプルーンのような食感になります。黒にんにくを食べたことがある方はいるかも知れませんが、黒にんにくはそれほど臭いは強くないですが、黒らっきょうは、さらに臭いが抑えられているようです。

黒らっきょうの機能性とは?

らっきょうそのものも、血液サラサラのイメージはありますが、さらに血液サラサラ成分の『シクロアリイン』が生らっきょうの約2倍以上も含まれているようです。抗酸化能力は生らっきょうの2倍で黒らっきょう1粒でトマト1個分の抗酸化力に相当するそうです。

黒らっきょう論文参照元

黒らっきょうはまだまだ知られていないので、これからの広がりが楽しみですね。

 

 

 

-未分類, 黒にんにく