オリーブ

軍医も驚くオリーブの解熱効果

2017/02/08



tunaolger / Pixabay

こんにちは。ひなた食品の久保です。1808~1813年にかけてスペインとフランスの戦争の中でオリーブの実が治療薬として使われたそうです。前線にいるスペインの医者がオリーブの実の粉末から苦い緑色の飲み物をつくり、高熱に苦しむ負傷兵に与えたそうです。負傷兵の体温が、40度の危険な高熱から約38.22度以下の安全な体温に下げたそうです。スペインの負傷兵は復活し、再び戦線に復帰することができフランス兵を撃退したそうです。さらにこの再攻撃を見ていたフランス軍の治療班は1811年にスペイン軍にスパイを送り込んでいた。スペイン軍の中で何が起きているのか知りたかったためです。ここで、フランス軍の軍医将校はオリーブの効果を知ることとなり、緑色の『オリーブの葉』の粉末を飲み物を解熱剤として使ったのです。今までは、キナの樹の皮を使っていたのですが、それに変わってオリーブのはの濃縮物を使うようになったそうです。

オリーブの葉の安全性は?

オリーブの葉の安全性に関しては、粉末にしたオリーブ葉エキスを毒性試験されており、研究所の動物や何千人の人間にもマイナスの副作用は起きていいないそうです。オリーブの葉のポリフェノール、オレウロペインの毒性試験を行ったデータをご紹介します。ネズミでの実験で7日間実施しているそうです。体重は1kgあたりに1g与えるという大量投与を実施しているが毒性は見られなかったそうです。オレウロペインはあまりにも安全で致死量50(LD50)ばかりか有毒投与量というのがつかめなかったそうです。

注) LD50とはその物質を与えた時に全部の実験動物の50%が死ぬと考えられる量のこと。

エレノール酸カルシウムの安全性は?

オレウロペインを加水分解してできる物質、エレノール酸にカルシウムが結合した、エレノール酸カルシウムの正確な毒性を調べる実験を行ったそうです。エレノール酸カルシウムは一つの塩で顕微鏡レベルのすべての微生物を殺す能力があるそうです。毒性試験では、ネズミ、犬、鶏、うさぎなどを試験体として用いたそうです。

1970年でのレポートでは、マウスに30日間エレノール酸カルシウムを経口投与したそうです。1日あたりマウスの体重1kgあたりで30、100、300mg経口的に与えても問題はなかったそうです。

犬には1ヶ月間経口投与を行っていたそうです。犬の体重1kgあたりに、3,10,30mg与えても問題なく、一番大きく影響を与えたのでは、胃に軽度の炎症が起きていたそうです。

鶏には鼻から注入しており、2日後には鼻汁が出たり、鼻介骨の上皮や固有層に変化が起きていたが、安全で無害たったそうです。

人間のボランティア試験も実施しており、そこではエレノール酸カルシウムをスプレーで鼻の粘膜に吹き付けるものを実施していたそうです。鼻のスプレーは安全かつ無害で0.0085%~2%までの濃度を実施していたそうですが、何も問題なかったそうです。

安全性データ参照は下記書物のp68~71を参照しております。

オリーブ葉エキスの力 M・ウォーカー氏 今村光一氏


-オリーブ

宮崎県産の冬虫夏草栽培始めました。

冬の間は虫で、虫に寄生した後に夏になると虫から草のようにキノコが生えてくる。それ ...

no image
レンコンパウダーって花粉症に良いって本当?

花粉症の時期が近づいてきました。そんな時に、レンコンのパウダーが花粉症に良い? ...

冬虫夏草の飲むタイミングと体の調子とは?

冬虫夏草をご希望されるお客様で、飲むタイミングを聞かれることが良くあります。あく ...

驚異のネバネバ成分の『フコイダン』含有!スーパー海藻『あかもく』とは?

スーパーであかもくというのを見かけました。なんかドロッとしたもので、何なのか良く ...

ひなた食品の冬虫夏草に含まれるアミノ酸とは?

冬虫夏草を飲んでいるお客様から良く言われているのが、何だか体が楽になった、軽くな ...