菊芋

菊芋粉末の食べ方とは?┃ひなた食品滅菌粉末の菊芋



guilaine / Pixabay

菊芋がブームになっており、全国各地で菊芋がなくなっています。そんな大人気の菊芋ですが、どんな風に食べたらいいのか分からないというご質問が多かったのでまとめてみました。

菊芋粉末は1日にどのくらい摂取したらいいの?

Arcaion / Pixabay

生菊芋の場合は卵1個分くらいで70~100g程度を1日に3回に分けて食べると良いといわれています。菊芋粉末に換算すると10.5~15g程度(1回約3g~5g)とかなりの量になります。ですが、初めは1日に1gから始めていただき、体の調子が良くなれば1日3gと徐々に食べる量を増やしていくのも良いと思います。ひなた食品の菊芋粉末は付属スプーンがついていますのでご利用ください。

菊芋粉末を食べるのタイミングは?

菊芋は朝食べると良いとされていますが、毎日続けやすい飲み方がいいと思います。白湯に溶かして飲むのも良くて、味噌汁を定期的に飲まれる方は、出来上がりの味噌汁にふりかけたり、ごはんにふりかけて食べていらっしゃる方もいます。特に体調良くなるのであれば、朝、昼、夜の3回に分けて食事と一緒に上手く摂取していきましょう。

菊芋粉末の調理でNGはありますか?

とても強い酸は有効成分イヌリンを壊すといわれています。そのため、インターネットでも酢との混合は避けてください注意書きされています。また非常に強い加熱を加えるとイヌリンが分解するため煮続けないで、出来上がりの料理にふりかけて使っていただけると良いかと思います。ですがそこまでも神経質にならなくても良いと思います。

菊芋粉末を温かい飲み物で摂取するのはなぜですか?

ivabalk / Pixabay

本来は超高温状態にさらされ続けると、有効成分イヌリンは分解してしまいます。菊芋粉末に含まれる有効成分イヌリンの役割は腸内活性化をして、血糖値を下げるホルモンを分泌してもらうことです。そのため出来るだけ腸に負担が少ない温かいものを摂取していただきたいのです。

 

 

 

 

 

 

 

-菊芋