健康 冬虫夏草

肺気腫ってなんだろう?|宮崎県産100%冬虫夏草

2019/11/05



本日、お客様から冬虫夏草が肺気腫についての質問がありました。そもそも肺気腫ってなんでしょうか?

肺気腫とは?

肺には肺胞という酸素と二酸化炭素を交換する袋があります。ある日、肺胞と呼吸細気管支が拡張していき、いくつもの肺胞が弾力を失っていき一つの袋の状態になります。この肺胞の集まりを肺気腫といい、肺気腫になっていくと肺胞が少なくなっていくため、肺がスカスカの状態になります。また肺気腫の患者は、慢性気管支炎も患っているようです。

図1 肺胞のイメージ

 

煙草を吸うとなってしまうの?

肺気腫の主な原因としてはタバコが挙げられます。しかし、吸っている人がすべて肺気腫になるとは限りません。タバコが肺胞が壊れやすい人が、タバコを吸い続けると肺胞が壊れてしまうのです。一度肺胞が壊れてしまったら、修復はかなり難しいようです。

肺気腫になるとどうなるの?

肺気腫になってしまうと、息切れ、咳、痰、痩せるといった症状が出てくるようです。息切れなどは、季節や環境によって起こりえますが、一旦休むと良いようです。咳は肺気腫に感染症を患ったり、痰は気道を炎症させてしまうため出てくる分泌物です。まずは、病院で胸部のレントゲンやCTスキャン、呼吸機能をしっかり見てもらうと良いようです。

参照元

呼吸から見た摂食機能障害 太田清人

医誠会病院HP

http://www.is-kokyuki.com/byoki/emphysema.html

 

 

-健康, 冬虫夏草