冬虫夏草

冬虫夏草の3大成分とは?|九州宮崎県産100%

2019/11/29



冬虫夏草に含まれる有効成分は、他の食べ物に無いものや反対にキノコ特有の成分などが含まれています。その中でも冬虫夏草の成分で、良く質問される3つの成分についてお話しさせていただきます。

冬虫夏草特有成分コルジセピンとは?

geralt / Pixabay

冬虫夏草に代表される成分として『コルジセピン』という成分があります。普通のキノコには含まれていない成分であるため、冬虫夏草である証拠としてもひなた食品は成分分析書をお客様へお届けしております。コルセジピンは核酸系の物質で、DNAやRNAの合成を阻害する働きがあるため、異常細胞の細胞死をを誘発すると考えられています。つまりは、死なない癌細胞を細胞死出来るのではと考えられているのです。肺癌や急性リンパ性白血病などの癌細胞に対して、コルジセピンによる研究が進められています。

コルジセピンの癌抑制について

冬虫夏草含まれるマンニトールとは?

3dman_eu / Pixabay

冬虫夏草に含まれるマンニトールは難消化性であるため血液をドロドロにさせないで、便秘になった腸内状態を健やかに保つと言われています。また『天然の利尿剤』として余分な尿酸を体外に排出したり、冠動脈を拡張させて血流サラサラが期待されています。マンニトールは冬虫夏草以外でも幅広く分布する物質で、昆布、ワカメ、樹木、干柿などにも含まれています。

冬虫夏草に含まれるβーグルカンとは?

βーグルカンはキノコ類に多く含まれる成分です。βーグルカンは糖類の一種で、人間の免疫を健やかに保つことが期待されています。βーグルカンは冬虫夏草をはじめ健康食品などに活用されています。茯苓、猪苓、霊芝、冬虫夏草などの漢方に使われます。身近なキノコのシメジやエリンギ、まいたけなどにも豊富に含まれています。

日本食品分析センター(βーグルカン)

 

まとめ

冬虫夏草に含まれる成分は1種類だけでなく、その1成分だけを摂取するのではなく、他の様々な種類を一括に摂取できるのが冬虫夏草の良さです。冬虫夏草粉末を直接口に入れて飲むことができない方は、お味噌汁やスープなどに入れて飲んでいただいて、食事に取り入れてみてはいかがでしょうか?

最後にひなた食品の菌糸体成分表です↓↓↓

冬虫夏草ご購入はこちらから


-冬虫夏草

宮崎県産の冬虫夏草栽培始めました。

冬の間は虫で、虫に寄生した後に夏になると虫から草のようにキノコが生えてくる。それ ...

no image
レンコンパウダーって花粉症に良いって本当?

花粉症の時期が近づいてきました。そんな時に、レンコンのパウダーが花粉症に良い? ...

冬虫夏草の飲むタイミングと体の調子とは?

冬虫夏草をご希望されるお客様で、飲むタイミングを聞かれることが良くあります。あく ...

驚異のネバネバ成分の『フコイダン』含有!スーパー海藻『あかもく』とは?

スーパーであかもくというのを見かけました。なんかドロッとしたもので、何なのか良く ...

ひなた食品の冬虫夏草に含まれるアミノ酸とは?

冬虫夏草を飲んでいるお客様から良く言われているのが、何だか体が楽になった、軽くな ...