冬虫夏草

冬虫夏草のエキスの役割とは?

2019/11/05



bykst / Pixabay

現代人の大きな病気として『癌』があげれれます。皆さんのお知り合いでも、癌で命を落とした方もいらっしゃるかもしれません。日本産の冬虫夏草は癌に対する研究がすすめれています。

冬虫夏草で抗ガン剤から健やかな元気に体へ

日本冬虫夏草のエキスを摂取すると、抗ガン剤の副作用が軽くなることは臨床的に分かっていました。 その理由の一つは、小腸にある全身免疫の司令部みたいなところ(パイエル坂)が抗ガン剤によって萎縮するのを防ぐからなのです。

確かに全身免疫の部分が抗ガン剤によって萎縮してしまうと免疫機能は正常に動かないですね・・・。

冬虫夏草のエキスが健やかな元気な体にすることが証明されたことは、癌治療を受けている人にとっては本当にありがたいことです。

「化学治療を受けたところ、その副作用で大変つらい思いをしたから、ガンが見つかったら、治療効果があると言われても、もう抗ガン剤は使いたくない」と抗ガン剤を拒否する人も決して少なくないようです。

癌を実際経験をしたことありませんが、テレビや本などで、顔を歪めて苦しんでいる人を見たら、少し納得してしまいます。こうした冬虫夏草エキスが、抗ガン剤の副作用抑制効果を発揮していくことで、抗ガン剤の投与回数や投与量を検討していき、ガン治療が飛躍的に改善される療法が編み出されるのではないでしょうか。

冬虫夏草は免疫システムをサポート!

動物実験で冬虫夏草エキスが全身免疫の司令部(パイエル板)を活性化することが分かっています。

冬虫夏草のエキスが腸管に作用すると、いくつかのサイトカインの産出効果があることも動物実験でわかったそうです。サイトカインとは「細胞から細胞に情報を伝える情報伝達分子」と言われるもので、細胞を活性化する分子という意味合いがあります。

サイトカインには色々な種類があり、一時は癌治療の特効薬になるかもしれないと期待されたウイルスの抑制因子(インターフェロン)や、腫瘍壊死因子と言われるTNFもサイトカインの仲間です。

サイトカインは主に免疫系などが正常に動くように働いています。例えば、体内をパトロールしているマクロファージが異物を見つけたとき、その異物と戦うためには、異物の情報をT細胞に伝えないといけません。その伝達系をしてくれるのが、サイトカインです。

冬虫夏草はガン細胞を殺すTNF作りだす!?

冬虫夏草のエキスには、マウスの血中のTNF‐α(主要懐死因子)を増加させる作用があることが実験で証明されました。

TNFは腫瘍壊死因子というのはその名の通り、ガン細胞を殺す働きをもったサイトカインで、TNF-αのほかにTNF-βがあります。冬虫夏草エキスでTNF-αは免疫細胞の一種であるマクロファージが作りだして、ガンに直接的に作用して出血性壊死を起こさせてしまいます。

冬虫夏草のエキスは腸管免疫系に影響を及ぼして全身免疫応答を活性化します。そうするとγインターフェロン(IFN-γ)が産出され、γ-ンターフェロンがマクロファージを活性化することで、『ガンの出血性壊死』を引き起こすTNF―α(腫瘍懐死因子)の生産が促進されることになります。

人間の免疫はリレーのように伝達されて癌と戦っていく仕組みをサポートする力があるのではないでしょうか。

 

参照:日本冬虫夏草の免疫メカニズムを遂に解明

高野文英  廣瀬薫 矢萩信夫

 

 


-冬虫夏草

宮崎県産の冬虫夏草栽培始めました。

冬の間は虫で、虫に寄生した後に夏になると虫から草のようにキノコが生えてくる。それ ...

no image
レンコンパウダーって花粉症に良いって本当?

花粉症の時期が近づいてきました。そんな時に、レンコンのパウダーが花粉症に良い? ...

冬虫夏草の飲むタイミングと体の調子とは?

冬虫夏草をご希望されるお客様で、飲むタイミングを聞かれることが良くあります。あく ...

驚異のネバネバ成分の『フコイダン』含有!スーパー海藻『あかもく』とは?

スーパーであかもくというのを見かけました。なんかドロッとしたもので、何なのか良く ...

ひなた食品の冬虫夏草に含まれるアミノ酸とは?

冬虫夏草を飲んでいるお客様から良く言われているのが、何だか体が楽になった、軽くな ...