耳鳴りについて

メニエール病とその治療薬とは?

2017/10/18



出典 ぱくたそ

こんにちは。ひなた食品の久保です。今日は、耳鳴りのお客さんからお電話があり、以前はメニエール病と診断されていたとおしゃっていました。そもそもメニエール病とはどんなものなのでしょうか?

メニエール病の症状とは?

メニエール病の症状は以下のようなものがあります。

・めまい、耳鳴り、難聴を発症する発作期。症状が軽快する間欠期の2種類がある。

・回転性めまいを引きおこして、30分から数時間と長い場合もある。

・耳の前庭と呼ばれる器官が刺激されるため、自立神経症状がある。

・初期症状は低温が難聴であるが、発作、間欠期と経過が進行すると高音域が難聴となり、ゆくゆくは全域で難聴になる。

・初期は一側性である難聴が経過中に、両側性になることもある。

メニエール病の治療はどうしたらいいの?

急に下記症状が起こった場合の治療法です。

症状がめまいの場合(※)

・H1受容体拮抗薬

・循環改善薬

・抗不安薬

・炭酸水素ナトリウム点滴

・補液、栄養補給

症状が難聴の場合

・副腎皮質ステロイド

・浸透圧利尿薬

 

間欠期に起こった場合の治療法

・生活指導(過労、ストレス、睡眠、適度な運動)

・※めまいの治療の薬で対応

効果不十分であれば、中耳加圧療法や手術療法(内リンパ嚢開放術、選択的前庭機能破壊法)を実施ていきます。

メニエール病の治療薬の作用機序と特徴

最後にメニエール病の治療薬を調査しましたので、ご参考までに。

参照:薬がみえるp403

ただし、お薬は医師の指示に従って、正しいものを選んでお試しいただければと思います。

-耳鳴りについて