ペット用の冬虫夏草

ペットの食事はどんなことに注意したらいいの?

2018/04/14



 

bykst / Pixabay

お客様から冬虫夏草の電話がある時に、よく犬の鳴き声が聞こえてきます。きっと犬のために一生懸命調べるために質問されているのだろうと毎回思っています。少しでもお役に立てればと、冬虫夏草を飲む飲まない抜きにして、気を付けて欲しいことをまとめてみました。

 

ペットへの加工食品はNG?

癌や腫瘍の大きな原因は活性酸素と言われています。活性酸素大量に発生させてしまうのは、油脂を含んだインスタント食品、油を使って加工されて時間が経過した食品、食品添加物などです。四足歩行の(牛・豚・馬・羊)が脂質の多い食事を摂ると体内で活性酸素が発生しやすいとも言われているので、出来るだけ手作りの自然の食事を与えると良いかもしれません。

精製された食材もNG?

愛犬が癌と戦うためには、糖質、タンパク質、脂質が重要ではありますが、ビタミンやミネラルなどの栄養素も重要です。白米やうどんなどの精製された食材は、微量栄養素が除去されているため、玄米やそばなどを与えると良いようです。

牛から作られる食材は要注意!?

牛由来の牛肉、牛乳といった食品は、腫れをひどくすると言われているようです。闘病中に合わないなと思ったら他の動物性食品を与えると良いと言われています。発酵食品のヨーグルトなどで腸内環境を整えてあげるのも、良いと言われています。ひなた食品の冬虫夏草も便通が良くなったとお客様の声もあったりしますが、まずは少しずつ試すことで、様子見ながら始めていただけるとありがたいです。

参照元:がんが逃げていく食事と生活 須崎恭彦氏

【ペット用の冬虫夏草】

 

 

 

-ペット用の冬虫夏草