オリーブ

愛犬に口内ケアは必要なのでしょうか?



Seaq68 / Pixabay

私たち人間は無菌状態で生活することは出来ません。口内も無菌状態で無理です。私たちの中では歯周病菌が様々な疾患の原因とも考えれれています。そもそも口内状態と疾患に関係があるのでしょうか?

口内から病原体が広がると病気になる!?

口内で病原体が多いと、それが歯の根本の血管やリンパ管から感染して、全身へ広がり様々な影響を及ぼすといわれています。口内の病気である歯周病は動脈硬化に関わる疑いが指摘されています。口内環境と病気に関しては、人間では調べられてきましたが、ペットの研究は進んでいません。しかし、体の構造を比較しても同じように、口内環境の影響で病気になると考えられています。

犬に口内ケアは必要なのでしょうか?

ajcespedes / Pixabay

自然界では歯を磨くことをしてませんので、必要なのでしょうか?と思いがちですが、実際に人間とペットの犬が共に暮らすこと自体が不自然なことなのです。毎日毎日、飼い主さんにペットの口の中を歯磨きしてもらうことで、普段の口臭が気にならなくなってくるようです。少しでもペットの健康維持につながるなら続けていきたいものです。

犬への口内ケアの必要性とは?

がんや腫瘍が愛犬にあるときに、愛犬のリンパ球には、がんや腫瘍を攻撃して欲しいと思いませんか?本来は、がん・腫瘍の所へ向かうべきリンパ球が、途中で病原体退治に夢中で本来の仕事ができないとどう思いますか?無菌生活は出来ませんが、抗菌効果の高い植物性エキスを使うと良いとされています。(須﨑動物病院院長 須﨑恭彦 がんが逃げていく食事と生活)

ひなた食品では抗菌性の高いオリーブ粉末をお勧めしております。

抗菌した後は、質の良い乳酸菌パウダーを歯肉溝にこすり付けると良いといわれています。愛犬が少し嫌がっても歯磨きをしてあげて、愛犬の健康を守っていきましょう!

 

 

 

-オリーブ