ビタミン 体の事

ビタミンB2の役割とは?

2017/10/18



こんにちは。ひなた食品の久保です。今回はビタミンB2というちょっとマニアックなビタミンについて紹介させていただきます。実はビタミンB2は皮膚、爪、頭髪などの健康維持に不可欠であり、不足すると口内炎や皮膚炎等になってしまうようです。

ビタミンB2ってなに?

ビタミンB2は水溶性のビタミンで、主に成長を促進するビタミンになります。生体内では、脂肪、炭水化物、タンパク質の代謝や呼吸、赤血球のを作ったり、抗体の生産、発育に必要な成分とされています。

ビタミンB2の役割は?

過酸化脂質の生成を抑制するものとされております。過酸化脂質が増えると、体内で動脈硬化、高血圧、脳卒中などの生活習慣病になる恐れがあります。ここでビタミンB2働きは、細胞の再生、エネルギーの代謝、髪の毛、爪、肌を作り成長を促していくことです。ビタミンB2には、粘膜保護、目、舌、唇などの保護にも良いとされているようです。

こんな人は積極的に摂取してはいかがでしょうか?

脂質を多く摂取する人や、成長期の子供、生活習慣病や、白内障の人、妊娠されている人はビタミンB2を取り入れていくのも良いかもしれません。豚、牛、鶏のレバーや、ハツ(心臓)を食事に取り入れていくのも良いかもしれません。

参照元 簡単!栄養&カロリー計算

http://www.eiyoukeisan.com/calorie/nut_list/vitamin_b2.html

ビタミン・ミネラルの本 吉川敏一氏

-ビタミン, 体の事